投稿者
 メール
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


「税金使こうて何しよるねん」

 投稿者:全身脂身おやじ  投稿日:2017年11月18日(土)00時35分33秒
  江田さん、元気そうで何よりや。

先日な、あざみ野のある人から「週刊誌」見せられてな、「これ、知ってまっか?」と言われて見たら、何や、エライ「どぎつい写真」があるやないけ。

なんでも、同じ横浜市議どうしの「おっさんとおばはん」が「ええ仲」になって、もう「新婚の夫婦みたいな熱さ」らしいやんけ。

せやけどな、「新婚」なら何も問題あらへんけどな、この熱い連中は、「両方とも既婚者で子持ち」や。

しかも、この「おばはん議員」は、埼玉だかの市議とも「ええ仲」ちゅうから「山尾」や「今井」もびっくり仰天や。

しかしな、こんな話は世間のどこでも転がっている話やけどな、両方とも「税金で食っとる市議」やで。

つまりな、早い話が「税金使って不倫しよる」ちゅうこんや。

これ、「頭来るな」

それとな、「悪いけんど、この連中は絵にならんわ」

「ふとったおっさんと、言っちゃあ悪いが見てくれようないおばはんの不倫など、ビジュアル的にキモイだけや」

まっ、こんな連中、「早よ、横浜市会から追い出さんと、横浜の品性に関わるさかい、大ごとにしたれや」

しっかし、「福田なにがし」と言い、「この不倫腐れ市議」と言い、「自民党はどないなっとんや」

江田はん、「ここは一気に攻めたれや」
 

闇株新聞17日号

 投稿者:失業者です。メール  投稿日:2017年11月17日(金)21時09分0秒
  闇株新聞 17年11月17日
7期連続プラスとなった日本の2017年7~9月期GDP(抜粋)

 要するに2017年7~9月期の実質GDPは、だいたい米国が3.0%、ユーロ圏が2.5%、日本が1.4%だったことになりますが、それでは日本の2017年7~9月期GDPで気になったところを抜き出します。

 日本の名目GDPは前期比0.6%増、前期比年率換算2.5%増となっています。当然ですが日本では(世界中でも同じはずですが)まず名目GDPを集計して、別個に算出したGDPデフレーターで調整して実質GDPを算出します。

 その実質で前期比0.3%増、年率換算で1.4%増だったため、GDPデフレーターは前期比0.3%だったことになります。このGDPデフレーターは2017年1~3月期がマイナス0.3%(つまり物価は下落していた)、同4~6月期がゼロだったため、本年に入ってから日本の物価が「かなりのスピードで」上昇していることになります。7~9月期のデフレーターの0.3%増とは(発表されていませんが)年率で1.2%ほどになります。

 本誌は以前から、日本経済にとって最悪のケースは「本当に物価が2%くらい上昇してしまう」ことであると主張していますが、そろそろ本気になって心配する必要が出てきたと考えます。名目GDPがそれほど伸びない中で物価が本当に上昇してしまうと(GDPデフレーターと消費者物価指数は算出方法がかなり違いますが)そのまま実質GDPが減ってしまうことになります。

 物価が上昇しても名目GDPが伸びないと考える理由は、日本の足元の物価上昇は輸入に頼る資源価格の上昇と(昨年と比較しての)円安によるもので、物価上昇のメリットが国内にほとんど残らないからです。

 また実質賃金は(発表される賃金関連の指標はあまり信用できませんが)本年に入ってから毎月ずっとゼロかマイナスで、そこに物価(消費者物価)だけが上昇すると、その分だけ消費が減退してしまいます。直近(9月)の消費者物価は総合も生鮮食品を除く総合でも前年同月比0.7%上昇となっていますが、先行性のある企業物価指数(10月)は同3.4%も上昇しており、年末には1%台半ばくらいまで上昇すると考えます。

 これは消費増税があっても同じことで、その分だけ消費が減退してしまいますが、2019年10月の10%への消費増税も既成事実化してしまっており、ダブルパンチとなる恐れもあります。

 それでは2017年7~9月期GDPにおける消費はどうだったかというと、実質で前期比(年率ではありません)0.5%減、名目でも同0.4%減となっています。また関連する民間住宅投資も前期比で実質0.9%減となっています。

 つまり2017年7~9月期のGDPでは、物価上昇の兆しと消費減退という「日本経済にとって最も気になる2つ」がはっきりと読み取れます。

 ちなみに同じ2017年7~9月期の米国GDPでは消費は前期比年率2.4%上昇しており、米国経済の「日本経済化」はそれほどでもなさそうです。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

(編集者は、元野村証券のスーパーエースで、野村の代表になった人と席を並べていた人でした。この人は、余りに、エッジに即した直言が多く、そのため、財務官僚・検察庁に睨まれ、訴追された経験があり、現在独立して、証券業界の「適正化」に活躍されている人です。)

日本の都市銀行系アナリストの多くが、18年度以降の米金利下落、円高を言い、「闇株新聞」の編集者も、今まで、「どちらかというと、米国金利低下、円高」を言っていましたが、この編集者によると、「日本国内における物価上昇が、想定外に進展すると、米国金利が下落しても、「円安」が進行する危険な状態」を予想されえていました。つまり、キャピタルフライト、資産流出懸念が円安の過度な進行により発生する危険性を予見されています。

まして、逆に、「米国の「日本経済化」が深刻ではない」ということは、米国の金利が、中立から上昇する傾向さえ予想され、日本にとっては、より、上記の危険性を意識する必要があると、(言外に言いたいらしい)思います。

 

不倫流行り・・・。

 投稿者:しらけ鳥  投稿日:2017年11月17日(金)18時09分33秒
  いやいやいや、国政で不倫が流行していると思っていたら、こんどは「横浜市議」もですか・・・。

しかも、お互いに配偶者子供ありの身とか。

さらに、女性市議には「二股疑惑」まで。

恐ろしいですなぁ~~~~。

しらけ鳥など、「万が一、不倫がバレたら、あっ、いや不倫でもしたら、死刑になります」よ。

何と言っても、「奥さんは天皇陛下に次いでエライ存在」ですから、「裏切りは死」を意味しますね。

それにしても、「イケメンと美女」なら「それなりに絵になります」が、今回は、失礼ながら「生臭い」だけですな。。。
 

受動喫煙対策の骨抜き

 投稿者:まゆゆメール  投稿日:2017年11月17日(金)12時57分39秒
  厚生労働省が受動喫煙対策を定めて、自民党に配慮し、店舗面積150平方メートル以下の飲食店の喫煙を認める案をまとめた。
大ブーイングだが、自民党に投票しておきながら、批判するのはお門違いだ。
自民党が受動喫煙対策に消極的と云うのは自明の理でありながら、投票し、今更批判ばかりする。
自民党に投票すればこうなるのは、解っていた話だ。
それでいながら、自民党を批判するのはどうかしている。
自民党に投票した有権者こそ恥じるべきだ。
もし政権交代になっていれば、こんな骨抜き案にはならなかった。
 

東京五輪買収を追及しない野党

 投稿者:ぱるるメール  投稿日:2017年11月17日(金)10時46分9秒
  「東京が招致に成功した2カ月後の2013年11月、東京五輪招致委が2.3億円でコンサルタント契約を結んでいたシンガポールの顧問会社から、パパマッサタ氏がパリで高額の時計や宝石を購入した店側に8万5000ユーロ(約1100万円)が振り込まれた」と云う報道がされた。
この東京五輪買収工作が事実なら、五輪は返上するしか無い。
野党議員は何故取り上げないのか。
本気で安倍政権を倒幕したいなら、東京五輪買収を追及すべきだ。
 

今、行動ベクトルはどちらに?

 投稿者:題はーど  投稿日:2017年11月17日(金)10時42分42秒
  確かに、今江田さんがどちらに向いてどんな行動を始めようとされているのか、
通常このバーチャル広場に集うしかない者としては、まったく見えません。
トップ画面と「政策」のページに基本姿勢は載せられているのですよ。
しかし、今現在(ヒア・アンド・ナウですかね)何をしようとされているのか・・が見えないのです。
それこそトップページでバンバン情報発信してくださいませんか。

野党の大敗、悲惨なバラバラ分裂、保守的リベラルを標榜する議員の結集はもうないのか、
等々の状況を眺めて、惨憺たる気分の日々を送っております。。。
それに輪をかけて、アベの傲慢強権ぶり、
自民党議員がもっとTVに出たいとでもいう腹だろう質問時間の強要、
その裏の本質はモリカケ隠しか、
もうちょっとましな人間かと思った林文科大臣のがっかりな加計学園認可発表等々。。。
あるいは野党という名を悪用して野党をたたく、暴言吐きばかりが目立つ下品な国会議員世界。
ため息が出ますよ。。。

アベ自民の横暴に反抗する気力も失せそうになる弱い存在の一国民です。
「もっと光を」見せていただければなあ・・・と願うばかり。

 

最近は何やってるんですか?

 投稿者:江田まめまめ  投稿日:2017年11月16日(木)22時26分11秒
  江田さん、これからは何をやるんですか?
はっきり言ってどうにもならない野党ばかりだから、マスコミには早速叩かれるわ、晩餐会にも参加できないわで選挙前よりも野党潰しが進んでいるじゃないですか。
正直なところ江田さんに現役世代による、現役世代の為の真面目な保守野党を作って欲しいですよ。
みんなの党だって正直渡辺氏じゃなくて、江田さんを信じていたくらいですし、やる気がある人を集めて立てばきっと形が出来ると思いますよ。
問題はやる気がある人、つまり議員としての旨味を捨てて、国会議員も総理大臣も一般市民と同じ立場で、階級の無い制度こそが民主主義と馬鹿正直に信じている人がどれだけ居るのか?ということにはなると思いますし、圧倒的少数なのも事実なのですがね。
 

♪冬のリビエラ~~~~♪

 投稿者:しらけ鳥  投稿日:2017年11月16日(木)17時24分21秒
   森進一の「冬のリビエラ」の調子でご唱和下さい。。

 (注)塩分強めの梅干しを食べると、より調子が良いです。


 ♪ 小池によろしく伝えてくれよ~~

 ♪ 今なら都庁で寝ているはずさ~~

 ♪ 泣いたら昼間のテレビをつけて~~

 ♪ 若狭のコメントでも聞かせてやれよ~~


 ♪ ズチャチャチャチャ~~~


 ♪ 立憲の枝野が~~腹抱えて笑ってるよ~~~


 ♪ ズンチャチャチャン~~~


 ♪ 冬の希望~~~政治家って奴は~~~

 ♪ 会社勤めのサラリーマンのようだね

 ♪ 出しゃばれば出しゃばるほど~~~

 ♪ 虐められるもんだね~~~~~~~


 えっ?? しらけ鳥、お前、相当ヒマなんだろうって??
 

東京五輪浪費追及を

 投稿者:ゆきりんメール  投稿日:2017年11月15日(水)21時22分36秒
  野党議員はモリカケ追及より、東京五輪浪費追及をすべきだ。
東京五輪・パラリンピックの整備費削減額が計346億円に止まるのに、湯水の如く浪費が止まらないのは、理解不能だ。
それなのに、追及をしない様では、野党の存在価値が問われる。
小池知事も失地回復したければ、五輪を返上すべきだ。
 

米中小企業

 投稿者:失業者です。メール  投稿日:2017年11月15日(水)18時06分1秒
  テレビ東京、モーニングサテライト(17年11月15日、6時)
(米国)中小企業景況感 改善続く

NFIB=全米自営業者連盟が14日に発表した10月の中小企業楽観指数は前の月から0.8ポイント上昇し、103.8でした。指数を構成する10の項目のうち、「売上高見通し」、「事業の拡張計画」、「求人」が大きく上昇しました。NFIBは「調査対象者は年末にかけての売上高や事業環境の改善について以前にも増して楽観視している」と分析しています。
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
中小企業でも、米国の中小企業は、「求人」はもちろん、「売上高見通し」「事業拡張計画」も好調であり、日本の中小企業は、「求人」が事業承継上必要ではあるが、「売上」「事業拡張」とも決して好調とは言えない。

 一番大きい理由は、国内の内需の成長が、人口増加、低い「「中小企業の」法人税」、個人の所得税の低さによる安定した消費、中央銀行と政府機関の賢明さによる物価安定などが影響していると思う。

 ここから、日本でも、いつまでも「緩和」を続けるべきでなく、もし中国共産党の思惑を抑えることができれば「移民政策」もよいであろうし、政府の規模や社会保障の適正化による国民負担の可能な限りの軽減化、「医療・介護」、「エネルギー」・「農業」・「観光」「ロボット・産業技術」等、中小企業の売上増に結び付く「国策」を、官民を挙げて研究、実施する等の積極策も具体的に実施すべきと思った。

 

軍事作戦は遠のいた・・・と思ったら大間違い。

 投稿者:しらけ鳥  投稿日:2017年11月15日(水)10時53分32秒
  いやいやいや、トランプ様「上機嫌」でしたねえ~~~。

さすが、「やり手のビジネスマン、商売上手」ですな。

「日本を持ち上げ、中国を褒め称え、プーチンに気を使い」なかなかですよ。

でもね、どんなに外面は良くても、「アメリカ・ファースト」は変わりませんから、真に受けてはいけません。

日本も韓国も中国も、「最後はトランプ様が折れて、穏便に事を収める」と思いがちですが、いやいやいや、そんなことは無いですよ。

「将来、アメリカに重大な脅威を与えるような相手は、確実に潰す」のが今までのアメリカ流ですから、譲歩なんてしませんよ。

むしろ、「北朝鮮が降参しない(核兵器の放棄)なら、早い時期に軍事行動始める」でしょうな。

「韓国や日本が例え犠牲になってもやるときはやる」のが、アメリカ様ですよ。

「赤の点滅信号のままです」。。。。
 

二極

 投稿者:国民主権(三権分立)  投稿日:2017年11月14日(火)22時04分12秒
  なにごとも二極制度が基本ですが、立法権(465名の国会議員)と、行政権(政府・官僚)の二極であることでしょう。
二極制度の政治版は二大政党制でしょうが、二大政党制は、結局は行政権力をもった与党の執行部だけが利権や忖度や現世利益のプラスになるだけです。与党でも執行部以外は一切文句を言うなでしょう。

野党が頑張って与党になろうとしても、国民の大多数は外面的には与党支持であり壁は厚いものです。
このまま、二大政党制を追っかけるばかりでは空想論で終わり、結局は一党支配が続き、政治不信が増大してモラルがなくなり、社会の公正や公平は失われ、勝てば官軍の暴力や戦争の日本となってしまいます。

アベノミクスの経済がいよいよ、勝てば官軍の戦争を煽った軍需産業活性の戦争経済になってしまいます。
そうした体質になれば日本は衰退の始まりでしょう。安倍さんのモラルの破壊は北朝鮮なみに深刻です。

資産家や企業や団体の声を代弁する現在の政党政治は、第二次世界大戦のころの政党政治の遺物にすぎません。そうした政党政治の遺物の改良型が二大政党制でしょうが、二大政党制は空想論でしかないことです。

これからの二極制度は、立法(国会議員)と行政(政府関係者)が二極となり、お互いに自律して癒着しない事です。

そのためには、国会議員や候補者は全員が政党の党籍をはなれるか、あるいは一度行政の政府関係者となった国会議員は辞任後7年間は政党の党籍をはなれるかでしょう。

 

選挙後は増税

 投稿者:ぱるるメール  投稿日:2017年11月14日(火)10時21分40秒
  自民党が観光税を導入する意向だ。
議員定数削減や議員歳費削減はそっちのけだから、始末に悪い。
選挙で大勝すれば、何でもありか。
前原氏の判断ミスが自民党の圧勝に繋がった。
前原氏の判断が野党分断を招いたから、犯罪に値する。
 

自民党税調

 投稿者:失業者です。メール  投稿日:2017年11月14日(火)07時26分15秒
  朝日新聞デジタル 17年11月13日21時
自民・宮沢税調会長、消費税「10%で済むのも難しい」

■宮沢洋一・自民党税調会長(発言録)
宮沢洋一・自民税制調査会長© 朝日新聞 宮沢洋一・自民税制調査会長
 消費税の税率自体であれば、10%という水準を早く実現したいというのが一番切実な思いです。その上で、その後どうなるかという話ですが、高齢化が進展していくことは確かでありますし、公的な保険、年金、医療介護といった社会保険を支えてくれている第2次ベビーブーマーという1970年代の前半に生まれた方たちがいずれ65歳になり、もらう側になっていくというのもそう遠くない時ということを考えると、消費税が10%で済むというのもなかなか難しい話。

 次の段階をいつから考えていくのかということは政治としては大きな課題だろうと思います。やはり10%になった時点で、すこし頭の整理といったものを開始しなければいけないと思っております。(日本記者クラブの記者会見で消費税10%超の考えを問われ)
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
何故、国政を預かる重要な地位にいる人が、官僚病の姑息癖(長期視野、広い視野を持てず、目先の短期目標をやりくりすることしか考えられないこと)に拘泥された様な意見しか言えないのか?

「まず消費税10%を達成して、その達成感がないと、その先を考えるやる気がおこらない」という、少し変な感覚が吐露されている。

別に10%を達成する前に、社会保障費の増大がどの程度になるか考えることは、可能であり、また、仮に消費税10%を達成しなくても、別の手段、所得税の累進性を厳しくしたり、超富裕層の持つ土地の有効活用を目標として、大地主の負担がより累進的に増すように固定資産税を上げたり、国内の雇用、賃金に殆ど無関係な海外の工場、マーケットを作ってそこから配当を、所得収支の一部として得ている、国際的な大企業の内部留保に、法人税の特例として課税して、賃金、設備投資を活性化する等の可能な手段はいくらでもあると思う。

なぜ、かように消費税という大衆増税にこだわるのか?財務官僚の利権に配慮した、試技ではないのか?

 

日銀総裁

 投稿者:失業者です。メール  投稿日:2017年11月14日(火)04時19分42秒
  ロイター発 #国内ニュース 2017年11月14日 / 03:54
日銀、物価押し上げに「強力な金融緩和」継続=黒田総裁

黒田東彦日銀総裁は13日、スイスのチューリヒ大学で行った講演で、日銀はインフレの前向きな進展に向け「強力な金融緩和」を継続するとの立場を示した。

黒田総裁は産出量ギャップが安定的に改善するなか、企業は賃金と価格を引き上げるスタンスに緩やかに移行していくとみられるとし、物価の一段の上昇の裾野が広がれば、インフレ期待も安定的に上昇していく公算が大きいと指摘。日銀はこうした前向きな動きの腰を折らないよう強力な金融緩和を追求し続けるとの見解を示した。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
賃金上昇を伴いにくい、資源等海外からの輸入品の価格上昇に端を発する、コストプッシュ型の物価高となれば、金利上昇とともに、金利差に関係なく、物価主導の為替円安になり、それがスパイラル的なインフレ懸念や海外への資本流出懸念のもとになる可能性については、何故か、黒田総裁は、全く触れていない。

 

高所得者増税

 投稿者:失業者です。メール  投稿日:2017年11月13日(月)20時49分19秒
  ロイター発 #国内政治ニュース(共同通信)2017年11月13日 / 19:41
自民、高所得者の増税検討を表明

 自民党の宮沢洋一税制調査会長は13日、東京都内の日本記者クラブで会見し、収入の多いサラリーマンや年金受給者に対する所得税増税を2018年度税制改正で検討する考えを表明した。年収が多いほど控除額が膨らむ給与所得控除の上限引き下げなどを目指す。賃金を上げた企業向けの減税では、賃上げ率が高い企業を、より優遇する意向も明らかにした。

 給与所得控除は会社員の収入の一部を必要経費とみなし、課税所得の計算時に差し引ける仕組み。現在は年収が1千万円を超すと控除額が220万円で頭打ちになるが、この基準は「世界的に見ても、かなり高い」と宮沢氏は指摘した。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
常識的な施策だと思う。

ただ、「財政の厳しい時期に、国民的な批判の少ない高所得者の増税を行う発想」が少しいびつな感じがする。

もっとハッキリ累進性の強化とか、土地活用の活性化も目指して固定資産税の強化とか、海外からの配当収入の多い大企業に対する選別的な法人増税とか、やるべきことはいくらでもあると思う。


 

企業統計

 投稿者:失業者です。メール  投稿日:2017年11月13日(月)04時48分17秒
  財務省法人企業統計(4~6月)を見て

4~6月の法人企業統計では、売上、経常利益の上昇とともに、製造業設備投資の減少が特徴的である。

何が起こっているのか。

設備投資の減少を招く理由は、供給過剰で在庫が積みあがっている状況があるのであろう。

つまり、市場における需要の凋落を想起させる。

需要が凋落する原因を考えると、やはり、所得の伸び以上の物価進行が原因ということになるのではないか?

だが少なくと、売上、利益は上昇しているので、これは、ある程度の円安による輸出増の確保が理由であろう。

問題は、万一、国内の物価上昇とともに、米国金利下落による日米金利格差の縮小から円高という事態になると、在庫が積みあがっているため、生産増もできず、また、円高の進行で外需も痛手を受ければ、著しい、企業業績の悪化を招く可能性があるということだ。

この意味で、トランプ政権の減税策等、金利上昇をもたらす米国経済の好景気が実現できるかで、ある意味、日本の経済全般の浮沈に関わる問題となるかもしれない。
 

TPP11

 投稿者:失業者です。メール  投稿日:2017年11月11日(土)04時11分13秒
  ロイター-#マーケットアイ 2017年11月11日 / 02:49 / 1時間前更新
TPP、カナダ含め閣僚間で大筋合意=茂木担当相が確認

茂木敏充経済再生担当相は10日、環太平洋連携協定(TPP)を巡り、カナダを含む参加11カ国の閣僚が大筋合意したことを確認した。

この日の閣僚会合でカナダは前日の合意を認めたのか、との質問に対し、茂木氏は「認めた。首脳の同意が得られたとの説明があった」と語った。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
米国を除く「TPP11」に参加するのは日本とオーストラリア、ブルネイ、チリ、ベトナム、カナダ、メキシコ、マレーシア、ニュージーランド、ペルー、シンガポール。

TPPは、米国が抜け、もともとの条件からはやや後退したけれども、「アジア太平洋地域における新しいルール作り」という目的を考えると、その方が良かったかもしれない。これから先を考えると、たぶんタイやインドネシアや台湾が入りやすくなるだろう。

もうお分かりの方が多いと思いますが、明らかに、親日的な国が、候補国も含め多く、しかも、日本にとって必要な食糧、資源の供給国や、大きく日本が貿易黒字を出している様な国が多い。まさに、日本の経済力から、「これは、日本が主導していく経済圏の確立」という面で、最近では、唯一明るいニュースだと思います。
 

(無題)

 投稿者:ひとりごとメール  投稿日:2017年11月 9日(木)20時27分26秒
  教育無償化・・・・・誰もが幼児教育と高等教育の完全無償化をイメージしたと思う。
ふたを開けてみると「住民税非課税世帯で検討」らしい。 選挙期間中、2兆円という具体的な数字もあがっていた。 これじゃ2兆円も掛からないでしょ。
公約違反という気もするが・・・・・。 言った以上はちゃんとヤレ! 出来ないことは最初から言うな!


希望の党代表選・・・・・玉木氏と大串氏の一騎打ち。 一番の違いは、憲法9条に対する考え方だ。 玉木氏は「9条を含め幅広く議論」。大串氏は「9条改正は不要」。
本来、希望の党は「改憲党」であったはずだ。 踏み絵まで踏まされた。 何故、この党に大串氏のような人がいるのか? 「希望の党」という看板が欲しいがために信念を曲げたのか? まさかこんな人が代表になることはないだろうが、ひどい話だ! いっそのこと、排除した方が良い。
 

♪雪が降る~~~♪ 

 投稿者:しらけ鳥  投稿日:2017年11月 8日(水)15時03分14秒
  *アダモの「雪が降る」の調子でご唱和下さい。。。。


♪トランプは来る~~  イバンカは来ない~~♪

♪トランプは来る~~  1日少ない~~~~~♪

♪慰安婦呼び~~~~  独島のエビ~~~~~♪

♪日本に当てつけ~~~~  良い気持ち~~~~~~♪

ラララララ♪

♪将軍様は来ない~~~~~~♪

♪いくら呼んでも~~~~~~♪

♪脅され続けて~~~~~~♪

♪戸惑うばかり~~~~~~♪

 

/386