投稿者
 メール
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


蓮舫代表

 投稿者:信じる者は救われる  投稿日:2017年 6月21日(水)21時47分51秒
  都議選でおろそうとする考えがあればそれは間違え!
国政は日本全体の国民への考えが優先!
内部分裂でなく第1党になるのが最優先です。
税金の無駄使いがめだちすぎです。
上手く蓮舫代表を使うことを考えてください
 

○○政権を許さない、は聞き飽きました。

 投稿者:ESWL  投稿日:2017年 6月21日(水)17時03分6秒
  大前健一さんのビジネスジャーナル 2040年の崩壊を読みました。
日本は長期的にはまずい状況ですね、明らかに。

我々の生きているうちを凌げればよい、というのであれば話は終わりです。

なんとかしようと思うのなら、構造改革策はあるのですが、票田が気になり形式的な事しか言えないのが今の国会議員。

「選挙のプロ」ばかりで、「政治のプロ」が皆無に見えます。
 

(無題)

 投稿者:ひとりごとメール  投稿日:2017年 6月21日(水)08時33分50秒
  また新文書ですよ。 前日、安倍首相は国民に陳謝したばかり。「今後は、そのつど説明責任を果たしていく」とか言ってね。

この文書、昨年10月 常盤高等教育局長が萩生田氏に獣医学部新設について説明があり、それにこの文書作成者である課長補佐の情報を付け加えたものらしい。

松野文科大臣によれば、「個人の備忘録として作成したもの」「副長官の発言ではない発言が含まれている」そうだ。
この文書についての真偽は全く触れていない。つまり内容に間違いはないと言っているようなものだ。
萩生田氏は完全否定しているが、であるなら課長補佐がまったくのデタラメ文書を作成したことのなる。 内容を見ても、これがデタラメなどとは到底思えないし、課長補佐がそんなことをする理由もない。

「政治家は言葉が命」などとよく言われる。 そのつど説明責任を果たすといった以上、有言実行を示してほしい。 支持率が、また低下しますよ!
 

(無題)

 投稿者:国民主権(三権分立)  投稿日:2017年 6月20日(火)22時56分54秒
  ネットによれば、労働組合も民進党離れをしているようです。
これでは、民進党も困ることですが、それ以上にまともな国会にはならないことが国民として大問題です。
国会議員は公務員でもあるし、近い将来には国会議員は全員が政党を離れて無所属として政治を行うべきでしょう。○○党員であった国会議員は、○○党出身と記載してもよいことです。

NHKも政治討論会で、与野党の対決などと言っていますが、国会議員は全員が無所属で有るべきです。
政党は、民間の利権集団であるという現実が見えていないようでは、与野党の対決などは一般の国民には全く意味がありません。政治の劣化が深刻な問題の中で、NHKやマスコミはいつまでそうした反動的で無駄なことを言い続けるのでしょうか。

政党は市民の政治結社であり、今後は一般の市民だけで構成されることです。
政党助成金は、政党ではなく、各国会議員の活動費や、ひとり二つまでの議員事務所費や、7人までの秘書費や、選挙事務所費に使用されるべきです。

市民が政治結社を結成し、政治結社から国会議員を出して政党となり、政党が国会で過半数をとって政権政党になるという構図は、政党を利用した昔の利己的利権主義の集団的民主主義論でしかありません。

近年は、国会議員がいる政治結社が政党とされるようですが、政治結社はあくまでも民間の政治結社であるべきです。公務員である国会議員は、選挙区に関係なく、政治結社、企業、あらゆる団体、個人からの献金や私的な人員の応援も一切禁止です。

政党といっても、政権のある政党に企業や団体や組合がひっつくようでは利権主義であり、民主主義は崩壊し、利権主義国家になってしまっています。野党は法案の問題点を国民の立場から指摘し、その後の判断は国民に任せれば良いのに、そそのかされて代案をだすから、代案が否定された時には、政権のない政党はすっかり衰退して民主主義が崩壊してしまいます。

選挙は中選挙区で、選挙は候補者と、個人名で参加の後援会(励ます会)と、法定の一定数までの人数による選挙事務所によって行われ、公務員・政治結社・企業・あらゆる団体の、候補者への選挙応援は一切禁止です。候補者は、選挙区だけではなく全国にむけて自分の政治信条をネットで配信し、国会内での同士を得ることも必要です。

与党というよりは政府になれば案をだし、出身の団体を問わずすべての国会議員がそれを審議し議決をし、そのあとは国民が判断することです。国会議員は全員、現在の政党や政治結社については無所属です。

総理大臣の政治が、お友達利権政治では、国家そのものが民主主義国家ではなく利権主義国家となっています。これは美しい日本ではありません。総理大臣の個人的な利権のからんだ満足でしかありません。憲法改正において手続きは正しくてもピントのはずれた憲法改正であればまったく迷惑なことです。
 

萩生田の発言???

 投稿者:自民嫌男メール  投稿日:2017年 6月20日(火)15時08分3秒
  以前、加計学園の理事長とは最近お会いしたと、のたまわっていたが、以前、安倍と理事長と写真に写っていたではないか。シェレットして云うではないか。この件を指摘しては。  

安倍政権の終焉近し・・・。

 投稿者:しらけ鳥  投稿日:2017年 6月20日(火)12時48分21秒
  いやいやいや、昨日は大学時代の同級生と一杯ひっかけましてね。

飲みに行った先が「とり鉄」って言う店なんですよ。

えっ?「共食い」だって? まあ、その通りなんですけどね、結構「美味しかった」ですよ。

ところで、安倍様もいよいよ「お尻に火がついて来た」ようですね。

何度も言うようですが、「驕れる者久しからず」で、「国民を舐めすぎました」な。

これから「さらにいろんな文章が出てきて、もう誤魔化しきかないでしょう」な。

それにしても、「菅」という官房長官も、相当な「狸オヤジ」ですな。

ああいう方、私は「信用できませんよ」

まっ、これで次はどなたかと言う問題なんですが、「解散せずに総理を決める」となると、「何となくゴルゴ13麻生様」の影がちらつくのは「ゲスの勘繰り?」でしょうか(笑)
 

「規制改革」に関して

 投稿者:廣瀬 久美雄メール  投稿日:2017年 6月20日(火)04時27分7秒
  「日銀短観」及び「物価予測」は正に太平洋戦争時の「大本営発表」と同じである。

当時と異なるのは企業経営者(特に実体経済側)の殆どの人達がその内容を信じていない
事である。

彼等は将来的需要見通し(特に内需)を冷静に分析して設備投資計画を立てており、政府
及び日銀がいくら太鼓を叩いても(旗を振っても)誰も踊らない。

安倍政権は海外(米国、中国、EU)の経済政策頼みであり、自ら新たな需要を生み出す
政策立案能力が皆無である。

[規制強化による将来的国際競争力の向上]
規制強化は新たなニーズを生み出すという点で財政出動を必要としない経済政策と言
える。

但し、規制強化は既存の住生活環境、企業活動環境に不利益をもたらすケースが殆ど
である。
それ故、政治家及びメディア関係者は(例え国民の不評を買っても)国民に対し将来の
理想郷を啓蒙し、国民のコンセンサスを得る必要がある。
(それこそが政治家及びメディア関係者の使命である。)

(1)石原元東京都知事(私は彼が大嫌いですが)が東京都の大気汚染対策として自動車の
排ガス規制を行った事によって(当初は自動車メーカーが反対していたが)、結果的に
は自動車の排ガス・イノベーションを促す事になり日本の自動車メーカーの国際競争
力が向上し、利用者の買い替え需要を増やし、東京の空からスモッグが消えた。

(2)パリ協定に基づく温室効果ガス排出規制により、あらゆる分野でのイノベーション
が促進されると共に将来の地球温暖化を緩和することになる。
トランプ大統領のように現時点での企業活動環境に不利益をもたらすと言う理由で反対
しているが、将来的に国際競争力を失うことになる。

上記から政権担当者は規制強化を行う時
現時点での国際競争力を保ちながら、将来の国際競争力を高める「サジ加減」が重要
となる。
殆どの企業経営者が現時点での国際競争力を保つ為、規制緩和、規制緩和と唱えるの
は充分に理解出来る。
それ故、規制強化を行う場合は一方的に日本が不利にならないよう(公正な競争条件を
整えるよう)可能な限り国際社会共通の規制にする努力が必要である。

[規制緩和による現時点での国際競争力の向上]
不必要と思われる規制は不良官僚の許認可権を増やすだけであり、可能な限り撤廃す
べきである。
但し、(環境汚染等)人類の未来に悪影響を及ぼすことを防止する為の規制は、例え
国際競争力が低下すると解っていても撤廃すべきではない。
 

5月貿易統計

 投稿者:自衛隊幹部崩れメール  投稿日:2017年 6月19日(月)10時40分51秒
  5月の貿易統計が出た。

輸出が14.9%プラス、輸入が17.8%プラス、
収支赤字が329.6%プラスで
赤字が470億(28年5月)から2030億(29年5月)に拡大した。

輸出が増えたのは、アジアの台湾、韓国、シンガポールへの輸出、と北米への輸出が若干増えたことに起因する。

香港+中国という中華人民共和国との貿易収支は、むしろ少しだけ、日本にとっての、赤字
幅が拡大している。

輸入の方は、やはり全体の半分以上が、対前年の伸び率でも、全体に占める額面率でもエネルギー関連の輸入増による影響となっている他、食糧、原材料、部品等少しずつ増えている。

為替水準を見てみよう

2月:113.07 3月113.01  4月110.06  5月 112.25

輸入価格は、4月より一般に5月の方が2.3%上昇傾向


エネルギーの國際市場価格を見てみよう
2月:103.04 3月:95.98 4月 98.42  5月 94.05

5月のエネルギー価格の短期下落局面で、為替の、短期~中期のFRBによるドル高基調の予想と照らして、より、スポット買いや備蓄増しの処置買いが、政府・民間、国家エネルギー管理者によりなされた可能性が強い。

私は、対米国、対中も含め、額面の大きい輸出対象国への輸出成長率の鈍化から、明らかに為替政策を、円安一辺倒に株価上昇という既得権者におもねる副次効果を重視するあまり、
エネルギーの輸入に国力の消耗を激しくする状況を見るに至り、より中立的な為替政策を取ることで、国内需要のよりもどしを目指す方が良い様に思う。
 

「悪い男」は必要ない

 投稿者:「怒り」  投稿日:2017年 6月19日(月)02時12分24秒
   今「小さな巨人」というドラマが最終盤で、渡辺直美もビックリの出演者たちの物凄い顔芸で、つい見てしまいます。
もちろんこの枠では「半沢直樹」等の時代をいろどる、そうそうたる物語がドラマ化されてます。

 最近の作家でだけなくキムタクや北大路欣也の迫力ある演技で山崎豊子原作の「華麗なる一族」が最近でも放映されました。ご存知のように山崎豊子は唐沢寿明主演「不毛地帯」、同じく唐沢主演「白い巨塔」、本木雅弘主演「運命の人」等の戦後の敗戦を背負いながら復興した物語を数多く取り上げて来ました。また大澤によれば「悪い男」を見事に描いて来た作家ともいえます。

 戦後、復興するなかで「悪い男」が正義だった時代と同じく、だからといって安倍の横暴を肯定することが日本にとっていいわけがないと思いまいす。まだ難しいこともいっぱいあります。それらを慎重に取り扱いクリアしながら、しっかり日本を前に進めることができる江田さんにやってもらいたいと思っています。

 沖縄元知事の太田さんがお亡くなりになりました。最近アカデミーの各賞を多くとった「怒り」は沖縄で物語がくりひろげられてます。宮崎あおいさん等の若手俳優、渡辺謙さんの演技が見応えがありました。私は見た後ふるえました。橋本元首相も小渕元首相も沖縄を大変大事に思ってました。今の政治家にもう一度日本をしっかり背負ってもらいたいと思ってます。
 

ふるさと納税は通販カタログか

 投稿者:ルサンチマン  投稿日:2017年 6月19日(月)02時07分52秒
   最近のBSや地上波での江田さんの発言も鋭くてよかったです。また野田さんが言った「岩盤規制にドリルで穴をあけて、通れるのは権力者のお友達だけ」で、構造改革を悪用してる安倍お友達内閣のポストトゥルースな減らず口をノックアウトしてほしいとも思います。最低な発言はもう聞きたくありません。江田さんの強かな戦略は素晴らしいと思います。ありがたいばかりです。韓国のように行かなくてもウォーターゲートでニクソンが退陣まで2年かかったのは頑張って短縮してほしいです。本当にお願いします。

 自民党の前復興大臣の度重なる発言には怒りを超えた、政治に対する虚しさがありましたが、山本大臣もヤンキー先生副大臣、金田法相も権力ボケなのか、偏差値は気にするけど元からお勉強ができないのか、さっぱり理解できない人たちですね。理解できないって言ってしまいましたが、新聞で菅話法なるものがあるそうですが、「それはあたってません」と質問者を小馬鹿にしたような発言を連発するのはまさに、若者が

「なに言ってるのか、わからない」

と言っているのとほとんど同じで、最低だと思います。菅話法の方は安倍お友達の中で総理と一番会ってるようですが、政策のビジョンも貧相なら、発言にやむにやまれない含みもなく、あるのはただ利権を守る含みだけなのでしょうか。今まで人を利用して人の政策に抱きつき使い捨てにして来ただけあって、まぁ内閣改造で切りぬけようとしても、幹事長になりたいらしいですが、すえたら薄っぺらな本性で利権漁りをして、とんでもないことになると思います。小此木さんを利用し、市議時代には地下鉄利権を漁り、梶山静六さんに師事したと風聴し、「わたしはブレない」と言いながら加藤の乱をみがきって、小泉さんにすりよったりと、どこがブレてないんでしょうか。昔のながれで渡辺派、田中派、宏池会、安倍派とどれだけながれてるんでしょう。自民じゃ飽きたらず一時期は安倍さんと一緒に橋下さんの所にも行こうとしてたようですね。

 ふるさと納税を自分がやったとか言ってますが、人によってはていのいい通販みたいと言われてます。今政策は時代の中で必要とされるものが多数ありますが、抱きつかれても嫌だから、ネガティブなカタログを出した方がいいでしょう。秘書の会社が経産省の別館まで補修したのは何かあると思うのは考えすぎでしょうか。ブラックな企業のワタミや歯科医師会に公認を出したり、その資金の怪しいながれがマスコミにも取り上げられましたが、マスコミが忘れるほど、枚挙にいとまがありません。本当のカタログをみてみたいのものです。
 

野党協調で加計学園問題で「公聴会」を!

 投稿者:那須のジジ刻々メール  投稿日:2017年 6月18日(日)22時13分0秒
  国会閉会中の委員会での証人喚問は、自民・公明両党は、絶対に拒否します。
それなら野党主催で「加計学園問題公聴会」を開催したら如何でしょうか?
前川前次官の出席は、必須ですが、
①民進党は、司会役に徹し、共産党小池氏、社民党福島、自由党森氏などの野党の論客に質問させる。
②自民・公明の与党にも出席を一応求める。
③事前にマスコミ、国民に対しても質問事項や疑問点を集め、石破議員や内閣府、文科省、官邸、農林水産省、厚生労働省の関係者に回答を求め、「公聴会」の初めに民進党の司会役(アナウンサー・キャスター出身者)に発表させる。
なお、出席や回答を求めても拒否された場合も紹介する。
④閣議決定までした石破4条件に加計学園が合致しているのか?をパネルで説明する。
⑤「広域」「限る」が、追加される前後を日本地図で説明し、加計学園ありき、更に加計学園が作られたら、広域が全て埋められてしまい、今後、一切獣医学部が出来なくなった理不尽を説明する。
等々を質疑する。
これをミヤネ屋、ゴゴスマ、グッデイなどが放映される平日の14:00から始める。
 

自民のネット戦略(洗脳)&マスコミ支配

 投稿者:江田さんファン  投稿日:2017年 6月18日(日)12時56分10秒
  ご無沙汰しております。
気になる記事があったのでご紹介。
ネットなどを見ていて前から私自身思ってはいたことですが、やはり自民党はテレビ局を中心にマスコミを支配しネット工作員を大量動員して洗脳しているようですね。
工作活動(建前はネット対策)できる資金も企業献金などで多額にありますしね。
例えば、2ちゃんねるの有名まとめサイトなどは徹底して野党叩きのスタンスで森友や加計など自民の数々の不祥事は一切報じないですからね。
このようにマスコミを支配下に置き、SNSを多用するネット世代の若者中心に洗脳が成功しているから国民をどれだけ舐め腐った圧政政治でも安泰と…。
まるで中国共産党ですね。
日本の民主主義は終ろうとしているのかも知れませんね。
江田さんら野党は根本的に対応を変えないと駄目なのかも知れません。
今現在はいくら正論、国を想うこと真摯に訴えても多くの国民に届いていない状態のようですから…。

何をやっても安倍政権の支持率が下がらない理由/西田亮介氏(東京工業大学准教授)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170617-00010000-videonewsv-pol
> 自民党は「T2ルーム」と呼ばれる、ネット対策チームを党内に発足させ、
> ツイッターの監視や候補者のSNSアカウントの監視、2ちゃんねるの監視などを
> 継続的に行うなどのネット対策も継続的に行っているという。
> 第二次安倍政権の発足とともに始まった、対決的なメディアとは対立し、
> すり寄ってくるメディアにはご褒美を与えるアメとムチのメディア対策
 

総理の加計問題。広域と加筆部分。

 投稿者:まさはん  投稿日:2017年 6月18日(日)09時20分7秒
  萩生田氏の筆跡鑑定したら、どうでしょうか。  

(無題)

 投稿者:国民主権(三権分立)  投稿日:2017年 6月17日(土)22時15分21秒
  労働組合は、すでに組合を結成しているのであり、労働組合として政治活動を行えば良いことです。
注意すべきは、政治活動と、選挙の応援活動は異なることです。
政治活動は全くの自由ですが、選挙や選挙応援活動は自由ではなく、選挙はむしろ厳しい規制が必要です。

選挙は、個人(市民)が行うことであり、選挙応援も個人が行うことです。
選挙は、候補者と、個人名で参加の後援会と、人員が一定数の選挙事務所が行うことです。
選挙応援をしていない団体からの陳情は受け付けないという政治は利権政治です。その国会議員は利権政治屋にすぎません。
役所が、資産家や利権政治屋の国会議員のことしか受けつけないのならば、国そのものが劣化するばかりです。

民間の政党をバックに国会議員が出てきて、党議拘束を行なう形での現在の政党政治は、利権政治でしかありえません。政党による二大政党制や、政党による政権交代劇はすでに過去の遺物です。政党は一般の市民だけで構成されるべきです。

公務員は弱者救済をしながら、不正の無い、公正公平な行政を行うことです。
国民は自分のできる範囲で個人的に弱者救済をしながら、国家や役所や公務員に対しては、行政は何をなすべきかを、善悪に基づいて常に問いただすことでしょう。

第一次産業が中心ではない国は、上記のようにすべきでしょう。

 

(無題)

 投稿者:ひとりごとメール  投稿日:2017年 6月17日(土)21時59分23秒
  一週間少々入院しておりまして・・・・・、退院してみれば国会は閉幕し、共謀罪なんてのも成立している。
共謀罪自体は賛成なんですよ。 今の時代、日本もいつテロの被害を受けるか分からない。 ただ中身に問題がある。 277も必要なんですか?

何だかんだ言っても、国(権力者側)が国民を監視するわけでしょ。 であるならこの法律の性格上、憲法で何らかの規制をかけた方が良い。 好き勝手に乱用されてはかなわない。

安倍首相も憲法改正に力を入れている。 共謀罪運用にあたっての加憲検討をお願いします。
 

目的献金の創設はいかが

 投稿者:題はーど  投稿日:2017年 6月17日(土)10時48分41秒
  森友問題に始まり加計問題に終わった今国会ほど、
国民をバカにした独裁アベ政権・与党に腹が立ったことはないです。
共謀罪の強権的立法もしかり。
この後に控える改憲の動きにも。軍国化、治安維持法国家への蠢動に鳥肌が立ちます。

一強多弱の政治構造で、私たち国民がそれを選択したのだから仕方ないのでしょうか?
くやしいなあ。不安だなあ。恐ろしいなあ。
せめて今後に向けては、専制独裁的な一強多弱の政治構造を打破するために、
微力ながらも、自分に出来ることは何でもしたいのですが・・・

さりとて今の民進党のままでは、全幅の信頼を寄せる気にならないのですね、正直なところ。
何とかならないものでしょうか?
どうすればこの閉塞感を打ち破ることができるんでしょうかねえ。
う~ん・・・

そこで、民進党内で「目的献金制度」を作ってはいかがでしょうか?

上記のとおり、民進党に全幅の白紙委任で政治献金をする気にはならないのですけど、
ふるさと納税のように、どのような活動に充てるか使用目的を限定明示してもらい、
複数の目的の中から選択する形で、そのために献金をするというしくみです。

たとえば、
森友・加計問題の徹底追及を通じて「お友達有利のゆがんだ行政支配を正す」活動や、
平和主義・立憲主義・国民主権を守る全国運動を起こす活動、
共謀罪の廃案とターゲットを絞った合理的なテロ防止法制への改正、
企業団体献金の廃止、身を切る議員・行政改革の再徹底に向けた活動、
IR法を廃止に追い込む活動、等々、
明確な目的を持った活動に限定して使われるなら、私はその活動に献金を投じてもよいと思います。

ちなみに、右から左派まで幅広い層を擁する民進党としても、
幅広い選択肢の中で、献金が多く集まった活動には多くの要員をあてて活動する形であれば、
合意形成で混乱停滞することも少ないのではありませんか?
全員一致の合意形成をせずとも目的献金額に応じた活動という名目を立てることで、
ひとつの打開策にもなると思います。

活動の中身は、
単なる追及運動だけではなく(これが最も大事だと思いますが、それに加えて、以下)、
目的遂行のための調査研究、実効性あらせるためのしくみの構築、
それを盛り込んだ法律案の国会上程等々になります。

献金者も、特定の目的のためにお金を出せば、その活動を応援したくなりますし、
その任務にあたる議員さんをもサポートしたくなるじゃありませんか。
もちろん活動成果を報告していただきます。
このようなしくみの中で、地縁・血縁だけでない全国ネットでの(ネット空間も活用した)、
私のような無党派浮動層とのつながりもできていくのではないでしょうか。
ある種の組織化です。

ジャストアイデアではありますが、いかがなものでしょうか?

 

安倍様がこんなに卑怯なお方とは思わなかった・・・。

 投稿者:しらけ鳥  投稿日:2017年 6月16日(金)18時58分48秒
  いやいやいや、それにしても、「往生際が悪いお方ですな」

もう、「国民はとっくに安倍様がお友達が有利になるように口利き(手助け)したことくらい分かっているのに、未だにシラを切るなんて、往生際悪すぎますよ」

安倍様自身は、政権の支持率の高さと野党の人気の無さを見て、「ごまかせる」と最初は思ったのでしょうが、「やっぱり神様までは騙せません」ね。

今後、「嘘を嘘で上塗りすればするほど、支持率は低下するでしょうし、官僚からも愛想突かされる」でしょうな。

ただ、「次がいない」のですよ「次」が。

まさかのまさかですが、「政界のゴルゴ13・麻生様」が狙ってたら、もっと怖いですね。

それこそ「劇画内閣」の誕生で、トランプ様と同じくらい怖いですよ。。。。

 

(無題)

 投稿者:国民主権(三権分立)  投稿日:2017年 6月15日(木)22時25分16秒
  労働組合も民進党離れをしているようです。
これでは、民進党も困ることですが、それ以上にまともな国会にはならないことが国として大問題です。
国会議員は公務員でもあるし、近い将来には国会議員は全員が政党を離れて無所属として政治を行うべきでしょう。
当分の間は、○○党員であった国会議員は、○○党出身と記載してもよいことです。

政党は市民の政治結社であり、今後は一般の市民だけで構成されることです。
政党助成金は、政党ではなく、各国会議員の活動費や、ひとり二つまでの議員事務所費や、7人までの秘書費や、選挙事務所費に使用されるべきです。

市民が政治結社を結成し、政治結社から国会議員を出して政党となり、政党が国会で過半数をとって政権政党になるという構図は、政党を利用した昔の利己的利権主義の集団的民主主義論でしかありません。

近年は、国会議員がいる政治結社が政党とされるようですが、政治結社はあくまでも民間の政治結社であるべきです。公務員である国会議員は、選挙区に関係なく、政治結社、企業、あらゆる団体、個人からの献金や私的な人員の応援も一切禁止です。

政党といっても、政権のある政党に企業や団体や組合がひっつくようでは利権主義であり、民主主義は崩壊し、利権主義国家になっています。野党は法案の問題点を国民の立場から指摘し、その後の判断は国民に任せれば良いのに、そそのかされて代案をだすから、代案が否定された時には、政権のない政党はすっかり衰退して民主主義が崩壊してしまいます。

総理大臣の政治が、お友達利権政治では、国家そのものが利権主義国家となっています。これは美しい日本ではありません。総理大臣の個人的な利権のからんだ満足でしかありません。憲法改正において手続きは正しくてもピントのはずれた憲法改正であればまったく迷惑なことです。
 

世界中が「政治家を信用しなくなってきている」

 投稿者:しらけ鳥  投稿日:2017年 6月15日(木)14時33分59秒
  いやいやいや、最近、「トランプ様も北の将軍様も安倍様もプーチン様も習近平様も皆似た者同士」じゃないかと思えてきましたよ。

結局、「自分に都合の悪いことは隠し、ごまかす為に他人の粗捜しをした挙句、真実をごまかそうとする姿」は、万国共通ですな。

しかし、それにしても、「政治家は信用できませんな」

いっそのこと、全ての政治案件を「国民によるネット投票で決められるようにしたら如何ですかね?

そうすれば、「政治家要らん」ですよ。

それと、課長以上の公務員は、「有権者に仕事ぶりを評価されるシステムを構築し、ダメ管理職は降格や減給できるようにすれば、汚職も減るかもね」

いずれにしても、「権力を長く持ち続けると、ロクなことになりません」ね。。。
 

維新は井の中の蛙

 投稿者:ヒットスタジオメール  投稿日:2017年 6月14日(水)21時45分2秒
  日本維新の会は「井の中の蛙」状態だ。
長谷川豊氏のブログに「維新の批判」を投稿したら、不採用になっていた。
批判意見を受け止める気が無いから、井の中の蛙だ。
維新の第二自民党化は酷いものだ。
内閣不信任案に反対したり、カジノ法案を自民党とゴリ押ししたりしておきながら、「本当は補完勢力なんてとんでもない」なんて、よく言えたものだ。
自民党に近寄ると、体質まで自民党と瓜二つだ。
小林由佳堺市議は、政務活動費から架空のチラシ代を支出したり、梅園周大阪市議は、政務活動費から私用のガソリン代を支出したり、他にも政務活動費を不正使用した維新議員がおり、「政活費イコール生活費」でも、自民党といい勝負だ。
こんな維新だから、支持も低迷している(民進党も低迷)。
だから、小池知事にも袖にされる。
都議選から維新の議席が無くなるのも、時間の問題だ。
 

/367